Paidy(ペイディ)の現金化は後払い・即日で利用可能!30万円以上の資金策を紹介

Paidy現金化

スマホがあればネットショップの支払いを後払いにできる、Paidy(ペイディ)は簡単便利な後払いサービスです。

現金いらずのショッピングといえばクレジットカードがありますが、本人確認など面倒な発行手続きが必要です。

同じ後払いでも、Paidy(ペイディ)なら必要なのは携帯電話の番号とメールアドレスだけで、事前の手続きが不要なので手軽に利用することができます。

そんなPaidy(ペイディ)は後払い現金化することも可能で、困ったときに頼りになります。

一体どのように現金化するのか?手順をくわしくご紹介しましょう。

※本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Paidy(ペイディ)の基本的なサービス内容

Paidy(ペイディ)の基本的なサービス内容

まず、Paidy(ペイディ)の基本的なサービス内容について見ていきましょう。

  • 手数料・年会費無料で利用可能
  • 審査不要・本人確認最短5分で完了
  • 利用可能額は後払いの種類で異なる

上記3点がPaidy(ペイディ)の知っておきたい基本サービスです!

詳細を解説していきますね。

手数料・年会費無料で利用可能

Paidy(ペイディ)は会員登録が不要なので、当然ですが年会費は無料で入会するための手数料も無料です。

クレジットカードとしても利用できるネットショップでも使えるペイディカードの発行もできますが、こちらも発行するための手数料や年会費は無料となっています。

手軽に登録できて便利ですよね。

審査不要・本人確認最短5分で完了

Paidy(ペイディ)の後払いサービスは難しい手続きせずに利用することができますが、ペイディカードを発行することでVisaマークのあるプリペイドカードを手にできます。

クレジットカードとして支払いに使用できるのですが、審査は不要で本人確認もペイディアプリから簡単に行うことができます。

本人確認は、運転免許証かマイナンバーカードを撮影し、本人の顔写真も撮影して必要事項を入力すればOKです。

ペイディカードには「バーチャルカード」と「リアルカード」があり、バーチャルカードなら最短5分で発行することができます。

利用可能額は後払いの種類で異なる

Paidy(ペイディ)の後払いサービスには種類があり、通常のペイディのほかにペイディプラス、ペイディApple専用も利用することができるのですが、利用可能額はどの種類を利用するかで異なります。

また、利用限度額は都度変動するので利用する際に確認しましょう。

Paidy(ペイディ)の後払い枠とそれぞれの現金化方法

Paidy(ペイディ)の後払い枠とそれぞれの現金化方法

Paidy(ペイディ)の後払い枠と、PaidyApple専用枠のそれぞれの現金化方法について説明します。

手順を1から解説しますので、このまま進めていけばOKです!

ペイディプラスの現金化方法

Paidy(ペイディ)の現金化には、ペイディプラスに申し込む必要があります。

ペイディプラスの申し込みは本人確認が必要ですが、ペイディアプリから簡単に手続きすることができます。

  • AppstoreからPaidyダウンロードはコチラ
  • GooglePlayでPaidyダウンロードはコチラ

ペイディプラスの現金化方法を見ていきましょう。

STEP.1
ペイディプラスに申し込む
ペイディアプリをダウンロードし、携帯電話の番号とメールアドレスを設定して認証を行い、アプリ内でペイディプラスへアップデートします。

本人確認を行いますが、用意するものは運転免許証かマイナンバーカードがあればOKで、そのほかに必要な書類はありません。

運転免許証かマイナンバーカードを撮影、さらに本人の顔写真も撮影し必要事項を入力し手続きを完了させます。

STEP.2
ペイディカードが発行される
アプリ内にペイディカード(バーチャルカード)が発行されます。
STEP.3
専門業者に依頼する
Paidy(ペイディ)の現金化に対応している専門業者に依頼します。

後払いサービスの現金化を行う専門業者もいろいろありますが、Paidy(ペイディ)を利用するなら「ありがた屋」がおすすめです。

ありがた屋

ありがた屋は古物商許可を取っている業者なので安心、怪しい手続きがなく安心して現金化を依頼することができます。

もちろん、現金化を依頼することでサービスが利用停止になる心配もありませんし、審査は一切不要で誰でも利用できる現金化業者です。

ありがた屋公式サイトはコチラ

ペイディApple専用を現金化する方法

現金化できるPaidy(ペイディ)の後払い枠には、ペイディApple専用もあります。

ペイディApple専用は、Apple社の製品を購入するための特別な利用額が用意されるものです。

利用できるのはAppleのウェブサイトかApple Storeになります。

それでは、ペイディApple専用を現金化する方法について説明していきましょう。

STEP.1
ペイディApple専用に申し込む
ペイディアプリから、「ペイディあと払いプランApple専用」に申し込みます。

申し込むと自分の利用可能額を確認することができます。

ペイディApple専用に申し込める条件は18歳以上、未成年の場合は親権者の同意が必要です。

また、日本在住か、有効な日本の住所を持っていなければ申し込めません。

申し込みに必要なものは、携帯電話の番号とメールアドレス、本人確認のための運転免許証かマイナンバーカードです。

STEP.2
専門業者に依頼する
ペイディApple専用の現金化に対応している専門業者に依頼しますが、残念ながらペイディApple専用の現金化を行っている業者は非常に少ないです。

数少ないペイディApple専用の現金化に対応している業者の中で、安心して任せられるところといえば「カウール」があげられます。

カウールでは、公式サイトでもはっきりとペイディApple専用に対応していると記載されていますし、現金化の方法もAppleの公式販売サイトでの買い物することなので、サービスの利用停止などペナルティを受ける心配がありません。

最短翌日には現金化できるスピード感で、今人気の業者ですのでペイディApple専用の現金化は、ぜひカウールに依頼してください。

カウール公式サイトはコチラ

Paidy(ペイディ)後払いを使って現金化するメリット

Paidy(ペイディ)を使って現金化するメリット

Paidy(ペイディ)を使って現金化するメリットについて説明します。

  • 他の後払いアプリより高額な決済が可能
  • 申し込みから即日でお金が手に入る
  • 分割での支払いに対応している

上記3つのメリットを詳しくチェックしていきましょう!

他の後払いアプリより高額な決済が可能

Apple専用枠の場合、Apple社の製品を購入するための後払いサービスなので利用できる金額は高くなっています。

現金化も、他の後払いアプリより高額決済が期待できるでしょう。

大きめの金額を調達したい方にはピッタリです。

申し込みから即日でお金が手に入る

Paidy現金化を申し込んでから、即日でお金を手に入れることができます。

特にありがた屋なら即日最短3分で振込みが可能で、これほど早い現金入手の方法はなかなかありません。

急ぎで資金調達をしたいときに助かりますよね。

※Apple専用は最短翌日~の現金化になります。

分割での支払いに対応している

Paidyは一括払いだけでなく、分割での支払いにも対応しています。

Apple専用枠なら最大36回払いもOK、Paidyでも分割手数料無料で3回、あるいは6回の分割支払いが可能ですからあわてなくても大丈夫です。

余裕を持っての利用ができます。

ちなみに分割手数料は下記のようにかかりません。

支払い回数最低購入金額手数料
3回払い1回につき3千円、amazonの場合3円以上の支払いで利用OK無料
6回払い1回につき6千円、amazonの場合6円以上の支払いで利用OK無料
Apple専用(最大36回払い)PaidyApple専用対象デバイス無料

ただし、手数料無料なのは口座振替のみです。

その他手数料は下記の公式サイトをご覧ください。


参考
ペイディを利用する際に、手数料はかかりますか。ペイディ よくある質問

Paidy(ペイディ)後払いを現金化するときの注意点

Paidy(ペイディ)を現金化するときの注意点

Paidy(ペイディ)を現金化するときの注意点もあるので、くわしく説明します。

  • 一部のサービスには審査の通過が必須
  • 利用規約違反でペナルティを受ける可能性がある

こちらも利用前に確認しておくことをおすすめします。

一部のサービスには審査の通過が必須

支払い期限がより長くなる「超あと払い」など、一部のサービスを利用する際は審査を受けなければなりません。

この審査を通過しないとサービスを利用することができず、現金化もできなくなります。

万が一使いたいPaidyの後払いサービスの審査に落ちてしまった場合は、独自審査で通りやすいと有名のメルペイスマート払い現金化を試してみるのもおススメです。

利用規約違反でペナルティを受ける可能性がある

ペイディの現金化は違法ではありませんが、利用規約で禁止事項にあげられているため、現金化すれば利用規約違反になりペナルティを受ける可能性があります。

しかし、専門業者が現金化した場合はペイディ側に知られることがありませんから、利用規則違反にはならないし、ペナルティを受けることもありません。

ですから、ペイディの現金化は必ず安全にできる下記の専門業者に依頼するようにしてください。

ありがた屋公式サイトはコチラ

カウール公式サイトはコチラ

Paidy(ペイディ)後払いの現金化に関するよくある質問

Paidy(ペイディ)の現金化に関するよくある質問

ここまでPaidy(ペイディ)の現金化を説明してきましたが、まだわからないことや疑問に思うことがあるかもしれません。

Paidy(ペイディ)の現金化に関してもっとくわしく知ることができる、よくある質問とその答えを紹介しましょう。

  • ペイディの現金化に違法性はありますか?
  • iTunesカードの購入・転売はできますか?
  • ペイディの現金化がばれるとどうなりますか?

気になるポイントはチェックしてみてくださいね。

ペイディの現金化に違法性はありますか?

ペイディを現金化することに関して、違法性があるわけではありません。

つまり、現金化して罪に問われるわけではないので安心してください。

ただ、ペイディの利用規約には換金を目的とした商品購入を、本人や第三者が行うことを禁止事項としてあげています。

現金化についても、利用規約では禁止の対象になります。

ですが、ありがた屋、カウールような安全性に配慮した専門業者なら現金化が知られることなく安全に使えます。

iTunesカードの購入・転売はできますか?

業者に依頼せずiTunesカードを購入し、自分で転売して現金に換えることはできます。

Paidyカードを使えばiTunesカードを購入できるからです。

しかし、このような転売は現金化を疑われてしまうので危険が高く、安全な現金化のためには専門業者を利用するのがおすすめです。

ペイディの現金化がばれるとどうなりますか?

現金化したことがペイディ側にばれた場合、違法な行為には当たらないので罰則を受けることはありません。

しかし、利用規約で禁止されていることから、サービスの利用停止などペナルティを受ける可能性があります。

ペナルティは困ると心配になるかもしれませんが、専門業者に依頼すればばれることはありませんから、安心して利用してください。

ありがた屋で安全に現金化

カウール公式サイトはコチラ

Paidy(ペイディ)なら30万円以上の後払い現金化に対応

Paidy(ペイディ)なら30万円以上の現金化に対応

気軽に利用できる後払いサービスのPaidy(ペイディ)で、30万円以上の現金化も可能です。

現金化に向けたPaidy(ペイディ)の申し込みはスマホで簡単に行うことができ、審査不要・本人確認最短5分で完了します。

Paidy(ペイディ)を利用し自分自身で現金化することは、違法ではありませんがアブナイ橋を渡るようなものですから、ここは安全・安心・確実な現金化専門業者に依頼しましょう。

ありがた屋なら振込みは最短3分で買取金額は無制限、買取率は一律80%と高くなっています。

古物商許可店なので安心安全、アカウント停止のリスクもありませんから、Paidy(ペイディ)現金化ならぜひありがた屋を利用してください。

PaidyApple専用ならば最速取り扱いのカウールがダントツおススメですので、こちらもチェックしてみてくださいね。

ありがた屋で安全に現金化

カウール公式サイトはコチラ

Paidy(ペイディ)と併用できる後払いアプリ現金化はこちら

その他の後払い現金化

Paidyだけでは金額が足りなかったり、審査に落ちてしまったりした場合はその他の後払い現金化方法も試してみましょう!

下記の一覧で方法などを解説していますのでチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です