一覧

atone(アトネ)は即日現金化できる?後払い決済による最新の金策について徹底解説します!

atone(アトネ)は5万円まで現金化できる?最新の金策をご紹介!

はじめまして!
こちらでは、現金化の専門業者であるクレジットカード現金化のタスカルがatone(アトネ)を現金化する方法を解説しています。

atone(アトネ)とは、商品を後払いで購入できるサービスです。

いま現金を持っていなくても最大5万円まで後払い購入できるため、atone(アトネ)を使って現金化できないかとお考えの方は少なくありません。

たしかに、atone(アトネ)を使って現金化する方法はあります。

しかしながら、atone(アトネ)を現金化する方法は「即日現金化できない・初回は3,000円しか使えない」といったデメリットがありますので、ご利用されるときは十分にご注意くださいね。

そんなわけでこちらでは、atone(アトネ)を現金化する方法や注意点について徹底解説していきます。

ちなみに、どうしてもatone(アトネ)で現金化したいという方以外は、バンドルカード現金化が断然おすすめですよ。

それでは、atone(アトネ)の現金化についてみていきましょう!

atone(アトネ)の特徴

atone(アトネ)の特徴

まずは、atone(アトネ)の特徴をご紹介します。

こちらでご紹介するatone(アトネ)は株式会社ネットプロテクションズが運営する後払いサービスです。

atone(アトネ)の後払いサービスなら、いま手元に現金がなくても欲しい商品が手に入ります。

そんなatone(アトネ)の特徴はつぎの3つ。

  • 誰でも簡単に登録できる
  • 限度額は5万円まで
  • 支払いは末締め翌20日払い

まだatone(アトネ)をご利用されたことのない方は、ぜひご参考にしてくださいね。

誰でも簡単に登録できる

atone(アトネ)の登録には利用条件や制限はなく、審査・保証人も必要ありません。

必要なものは、つぎのような基本的な個人情報のみ。

必要な情報
  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号

もちろん、信用情報も開示されないため、金融ブラックや総量規制いっぱいの方でも利用できるんです。

とはいえ、利用限度額はつぎのように決まっています。

限度額は5万円まで

atone(アトネ)の利用限度額は、最大でも5万円までと決まっています。

気になるのは、限度額が決まる基準ですが、atone(アトネ)公式によると「お客様のご利用状況に応じて変動いたします。」とのこと。

atone では、会員様ごとにご利用いただける「ご利用可能額」を、50,000 円を基準として設定しております。ご利用可能額は、お客様のご利用状況に応じて変動いたします。
引用元:お買い物ができる上限金額の設定について – よくある問い合わせ|atone – アトネ

そのため、利用可能額3,000円の方もいれば50,000円まで使える方もいます。

ちなみに、現在の限度額以上に決済したい場合は、追加の本人確認をするのがおすすめです。

このように、追加の本人確認をするだけで利用額が上がることがあります。

本人確認とはいっても、免許証や保険証などの本人確認をするだけなので、とってもカンタンですよ!

支払いは末締め・翌月一括払い

atone(アトネ)の支払いは、使った月の末日で締めて翌月にまとめて支払います。

支払い日については、支払い方法によって異なりますので、こちらをご参考にしてください。

支払い方法 支払い期限 請求手数料
Loppi/Famiポート(コンビニ) 翌月10日 209円(税込)
電子バーコード(コンビニ) 翌月10日 209円(税込)
自動引き落とし(口座振替) 翌月27日 無料
はがき請求書(コンビニ) 翌月20日 209円(税込)

上記をご覧いただければ分かるとおり、コストをかけず支払い期限を伸ばしたい方は口座振替がおすすめですね。

atone(アトネ)を現金化するときの3つのデメリット

atone(アトネ)を現金化するときの3つのデメリット

ここまで見てきたように、atone(アトネ)は一見すると便利なサービスです。

しかし、atone(アトネ)を現金化するときにはつぎのようなデメリットがあります。

  • 初回は3,000円しか利用できない
  • 即日現金化は不可能
  • 高換金率商品は購入できない

初回は3,000円しか利用できない

先ほどご紹介したとおり、atone(アトネ)の利用額は最大5万円です。

とはいえ、初めて利用する方の利用額は3,000円までしか利用できないことがほとんど。

このように、利用枠未満でも利用実績のない初回利用の場合は3,000円程度しか利用できないことが多いようです。

そのため、初めてatone(アトネ)を利用する方の現金化には向いていない方法といえるでしょう。

即日現金化は不可能

atone(アトネ)を現金化するには、ネットで商品を後払い購入して売却する方法しかありません。

現金化までには、商品の受け取りや発送といった手順があるため、入金までに最低でも3日~1週間はかかってしまうでしょう。

したがって、atone(アトネ)を現金化する方法は即日現金化は不可能というわけなんです。

即日お金が必要ならバンドルカード現金化!!

高換金率商品は購入できない

atone(アトネ)を現金化する上で重要なポイントは、いかに高換金率商品を購入して売却するかという点です。

しかしながら、atone(アトネ)ではつぎのような高換金率商品を購入することはできません。

atoneで購入できないもの
  • 商品券(百貨店商品券など)
  • ギフト券(信販系ギフト券など)
  • 電子ギフト券(amazonギフト券・iTunesカードなど)
  • 新幹線回数券

一般的に換金率の高いといわれるこれらの商品は、現金化目的の利用を防止するために購入できないようになっています。

このような理由から、atone(アトネ)を現金化するときの換金率は良くても50~60%未満になってしまうことをお忘れないようご注意くださいね。

atone(アトネ)を現金化する方法

atone(アトネ)を現金化する方法

ここまでご紹介したように、atone(アトネ)は時間がかかる・高換金率商品の購入はできないというデメリットがありました。

そんななかでも、少しでも早く少しでも高く現金化したい方のための方法をご紹介します。

atoneを現金化する方法
  • オンラインショップでスマホを購入
  • スマホ宅配買取サービスに依頼

目安としては、「現金化まで3日・換金率60~65%前後」といったところですね。

それでは、みていきましょう!

オンラインショップでスマホを購入

それでは、さっそくatone(アトネ)を使って後払いで商品を購入していきます。

atone(アトネ)で購入できるものは限られていますが、いま最も高く換金できる商品がSIMフリーのスマートフォンです。

SIMフリーのスマートフォンのスマートフォンであれば、需要がある商品のため買取価格も崩れません。

このSIMフリーのスマートフォンをatone(アトネ)が使えるオンラインショップqoo10で購入していきます。

購入するスマートフォンは、iPhoneやGalaxyなどの人気の機種がおすすめですよ。

qoo10の公式ホームぺージはこちら

スマホ宅配買取サービスに依頼

先ほど購入したスマートフォンをWEB完結型のスマホ宅配買取サービスに依頼して買い取ってもらいます。

店舗型の買取業者に依頼する方法もありますが、店舗に行くまでの手間やWEB型の業者よりも換金率が下がってしまうことを考えるとおすすめできません。

WEB完結型のスマホ宅配買取サービスはいくつかありますが、月間買取金額6,000万円の大手買取業者ネットオフに申し込めば問題ないでしょう。

ネットオフならば、

  • 査定後最短2日で入金
  • 査定・送料完全無料
  • キャンセル料無料

といった好条件で取引可能です。

また、実店舗を持たないことで店舗運営コストを買取価格に反映しています。

そのため、atone(アトネ)を現金化する方法の中ではこのようなネットショップでスマホを購入して売却する方法が一番お得といえるでしょう。

ネットオフの公式ホームぺージはこちら

atone(アトネ)は現金化に向いていない

atone(アトネ)は現金化に向いていない

ここまでatone(アトネ)の現金化について見てきましたが、いかがでしたか?

結論としては、atone(アトネ)を現金化する方法はお世辞にも良いとはいえない方法であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

そのため、どうしてもatone(アトネ)で現金化するしかないといった状況でなければ別の方法をとった方が効率的です。

とくに、バンドルカード現金化ならば、「即日現金化可能・換金率75%~」といった高条件で取引できます。

また、atone(アトネ)と同じく利用条件や制限はないため、誰でも簡単にご利用可能ですよ!

バンドルカードの現金化方法について気になる方はつぎの記事で解説されていますので、こちらをご参考にしていただければと思います。

バンドルカード現金化で即日お金をGET!!