一覧

クレジットカード現金化の失敗例を押さえて事前に対策していこう!

クレジットカード現金化の5つの失敗例とは?対策方法もセットで解説!

クレジットカード現金化は、カードを持っていれば誰でも即日現金調達できる便利な方法です。

ただし、魅力的な部分ばかりを見ていては足元をすくわれてしまう危険性があります。

とくに、クレジットカード現金化によくある失敗だけは利用する前に押さえておいた方がよいでしょう。

もしも、知らないまま利用してしまうと「クレジットカード現金化で後悔した!」なんてことにもなりかねません。

そこで今回は、クレジットカード現金化のタスカルでもお悩み相談の多い、クレジットカード現金化によくある失敗と対策方法について解説していきます。

この記事がおすすめの人
  • クレジットカード現金化ってなんか怖い
  • クレジットカード現金化で失敗したくない
  • クレジットカード現金化で後悔するのはイヤだ

という方は、ぜひご参考にしてみてくださいね。

クレジットカード現金化で失敗する人の特徴とは?

クレジットカード現金化で失敗する人の特徴とは?

当然ですが、クレジットカード現金化している人全員が失敗しているわけではありません。

クレジットカード現金化で失敗しやすい人には、つぎのような特徴があります。

  • クレジットカード現金化の知識がない
  • 口コミや2ちゃんねるを頼りすぎてしまう
  • 軽い気持ちで選んだ業者を利用してしまう

などなど、まとめると「クレジットカード現金化に対する知識不足や利用する前の準備不足」が原因です。

とはいえ、こちらでよくある失敗例や対策方法を覚えておけば失敗することもありませんよ!

それでは、実際にクレジットカード現金化にはどんな失敗があるのか見ていきましょう。

クレジットカード現金化によくある5つの失敗例をご紹介!

クレジットカード現金化によくある5つの失敗例をご紹介!

クレジットカード現金化の失敗パターンは、ほとんどつぎの5つに該当します。

  • 換金率が下がってしまった
  • カード利用停止になった
  • 家族や知人にバレてしまった
  • 対応していないカードだった
  • 悪質業者の被害に遭った

換金率が下がってしまった

「業者のホームぺージで見た換金率どおりに現金化できなかった」というのは、現金化に一番多い失敗例でしょう。

なぜなら、ほぼすべてのクレジットカード現金化業者では、換金率の他に10~15%別途手数料がかかってくるからです。

初めて現金化サービスを利用する方は信じられないかもしれませんが、換金率の他に手数料がかかることはもはや業界の当たり前になってしまっています。

そのため、換金率90%以上で現金化できる業者は存在しないだけでなく、手数料込みの換金率相場は70~75%が程度です。

このように、クレジットカード現金化では換金率の他に手数料がかかることが多いことを覚えておきましょう。

\業界初!換金率が下がらない!/
タスカルの公式ホームぺージはこちら

カード利用停止になってしまった

  • 「クレジットカード現金化したらカードが使えなくなった」
  • 「クレジットカード現金化がカード会社に疑われた」

といったカードトラブルによる失敗も少なくありません。

そもそも、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約で禁止されています。

10.会員は、現金を取得することを目的として商品・権利の購入または役務の提供などにカードのショッピング枠、ショッピング残高枠(第19条第2項に定めるものをいう。)を利用すること(以下「ショッピング枠現金化」という。)はできません。
なお、ショッピング枠現金化には以下の方式等がありますが、現金を取得することを目的とするショッピング利用である限り、方式のいかんにかかわらず、禁止の対象となります。
引用元:JCB会員規約(個人用)

もしも、カード会社にバレてしまうとカード利用停止や一括請求のリスクまであるんです。

とくに、キャッシュバック方式の業者は換金性の低い商品を高額で購入するため、カード会社に怪しまれてしまいます。

そのため、安全に現金化しようとお考えであればカードトラブルのない安全な商品買取方式の業者を選ぶのが無難ですよ。

家族や知人にバレてしまった

クレジットカード現金化が家族や知人にバレてしまったといった失敗もあります。

家族や知人にバレるタイミングは、主に現金化に使う商品が自宅に届いてしまうケースです。

とくに、キャッシュバック方式の業者は商品の受け取りが必須のためバレやすいといえるでしょう。

一方で商品買取方式では、商品受け取りが必須なところと弊社タスカルのような完全WEB完結型の業者がありますので、ご自身にあった業者を選択しましょう。

対応していないカードだった

利用しようと思ったら、業者の対応していないカードだったというケースもあります。

たとえば、VISA・Master・JCBは使えるのに、AmexやDinersは対応していないというパターンです。

また、仮に対応していてもカードによって手数料がかわってしまう業者も少なくありません。

そのため、ご利用される前にはつぎのことを確認することをおすすめします。

  • ご自身のカードブランドに対応しているか
  • カードによって手数料に変化はあるか

ちなみに、弊社タスカルではすべてのカードブランド対応・換金率は一律80%以上をお約束しております。

また、審査不要で作れるバンドルカードバンキットカードでのお買取も実施しておりますので、カードブランドでお悩みの方もお気軽にお問い合わせくださいね。

\すべてのカードブランドに対応!/
タスカルの無料相談・見積りはこちら

悪質業者の被害に遭った

2ちゃんねるなどの口コミを信じすぎると、知らぬ間に悪質業者を利用してしまうかもしれません。

もしも、悪質業者を利用してしまうとつぎのような被害に遭う可能性があります。

  • 現金が振り込まれなかった
  • カードを悪用された
  • キャンセル料を請求された

これらは、あくまで一例となりますが、悪質業者を利用してしまうと取り返しの付かないことになることをお忘れないようにご注意ください。

クレジットカード現金化で失敗しないための3つの対策方法

クレジットカード現金化で失敗しないための3つの対策方法

それでは、以上でご紹介したような失敗をしないための対策方法をご紹介します。

つぎの3つの方法であれば、クレジットカード現金化で失敗することはないでしょう!

  • 換金率ではなく入金額を確認する
  • 商品買取方式の業者にする
  • 大手の老舗業者に依頼する

換金率ではなく入金額を確認する

前述したとおり、ほぼすべてのクレジットカード現金化業者は見せかけの換金率を提示しています。

換金率の他に手数料がかかってくることがほとんどですので、必ず手数料込みの入金額を確認しましょう。

ちなみに、手数料込みの換金率相場は70~75%前後となっていますので、業者を比較される際のご参考にしてください。

商品買取方式の業者にする

カード利用停止を避けて安全に現金化したい方は、商品買取方式の業者がおすすめです。

商品買取方式では、実際に価値のある商品を購入するためカード会社に怪しまれません。

一方で、キャッシュバック方式では価値のない商品を高価格で購入するため、カード会社にバレてしまいます。

そのため、安全にクレジットカード現金化したい方は商品買取方式がおすすめです。

大手の老舗業者に依頼する

創業5~10年以上の老舗業者であれば、安全に現金化できるでしょう。

なぜなら、悪質業者は口コミで悪い評判が広がり2~3年ですぐに廃業してしまうからです。

その点、長い間営業している業者は業界や利用者から長く信頼されている証拠といえるでしょう。

クレジットカード現金化で失敗したくない方はタスカルにお任せ!

クレジットカード現金化で失敗したくない方はタスカルにお任せ!

クレジットカード現金化によくある失敗やその対策方法についてみてきましたが、いかがでしたか?

失敗例には、「換金率が下げられる・カード利用停止になる」といったこともありましたが、対策方法を徹底すれば防げます。

とはいえ、対策方法にあったような失敗しない業者を自分で見つけ出すのが大変という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、タスカルの現金化サービスをご検討されてはいかがでしょうか?

クレジットカード現金化のタスカルでは、

タスカルのサービス内容
  • 業界初の手数料完全無料
  • 換金率ではなく入金額80%以上確定
  • 振り込みまで平均30分
  • 独自の商品買取方式で完全WEB完結
  • 創業10年以上の信頼と実績

といったように、クレジットカード現金化で想定される失敗を完全にカバーしております。

また、ご相談・お見積りは完全無料で受け付けているため、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

\口コミ人気No.1/